クリスマスに大掃除、正月にドラクエ。完全無欠のひきこもり★


by m_37564
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2007年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

待ちわびる心

いくぶん涼しい今日の東京。

…と、思っていたのに
遅めのランチで外に出たら

外真っ暗!!!
まだ昼なのに真っ暗!!!

うわあ…、もう…なんか






ワクワクする!!!





嵐(NOT ジャニーズ)、大好き!
台風とかね、もうドキドキするよね!

あ、ちなみにジャニーズの嵐も好きですよ、ええ。
インテリジェンスで、でもちょっとヘタレな櫻井くんとか
アホっぽいんだけど、仔犬みたいで可愛い相葉くんとか
ザ・昭和な瞳に憂いを湛えた感じのニノとか。

ただ、私のちっさなプライドが「キャー!ニノー!!」とか言うのをね
許さないだけで
割と…っつーか、結構…っつーか、実はかなり好きだね、うん。

だからアレ、熱愛報道とかね、うん、ショックだったよね。


でも私、復活早いから。
立ち直るのとか、もう瞬間芸みたいなもんだから。
すっかり元気。

今はひたすら、「the pillowsの新曲聞きてえええ(でもお金が無い)」とか
「バンプのアルバムまだかなあ」とか
「仕事したくないなあ」とか
「何で、村上(春樹)作品の登場人物はみんな、昼間っから酒飲んで小説読んでるんだろ?」
とか、そんなことが脳内を占めています。

私も、チョコ食べながらウィスキー飲んで、ダラダラ昔の小説とか読みたいよ。

何でそんなにヨユーなの?
世界と一線を画して、俯瞰してるようなその姿勢。

昔の、高校生とか大学生の私も、似たような生活だったけど、今じゃそれも遠い昔。

女子高生ってだけでチヤホヤされてた時代なのに
当時の私ってば、暗い!重い!ひとりぼっち!!な寂しいコ。

友達ね、いた気はするんだけど、今一人も残ってない。
学校ね、楽しかった印象はあるんだけど、それ以上のものが何もない。

で、何してたかと思えば
授業サボって、図書館行って、しこたま本を借りて
向かいのビルの1階にあるコーヒーショップで読みふけって
お腹が空いたらウチに帰る…みたいな生活してました。

(よく卒業できたな)



人のこと言えねー。



で、話は戻りますが、雨。もしくは嵐。
雨って面白いなあ~なんて思い始めたのは高校生くらいだったでしょうか。
高層ビルなど高いところから眺めるのが好きだったのですが
最近のお気に入りは我が家。

最近引っ越した、一人暮らしの部屋です。

郊外の住宅街にあるマンションの3階に住んでいるのですが
周りに高いビルやマンションがなく
一軒家やアパート・3~5階程度のマンションしかないため、見晴らしが良いんです。
マンションの向かいは駐車場とお屋敷だし
空がちょっと、広め。

ベランダから雨空を眺めながら、酒を飲む休日の昼。
最高です。

(また酒)

今週こそマットとかシートとか、大きいもの洗おうと思ったのにーとか
買い物したかったのにーとか、雨を疎んじる気持ちがなくはないけど
ひゅうーっと冷たい風が入ってくる瞬間なんてもう、堪りません。

今日も降るのかなー、雨。

あー早く帰りたい。

と、仕事中にも関わらずそんなことを思ってました。
週末までカウントダウン。
[PR]
by m_37564 | 2007-08-29 21:22 | 日記

お土産です

遅くなりましたが、お約束してたアレ
本田茄子さんへの北海道土産です。






e0072517_17225958.jpg






北大、キレイなところでした。
ファーブル展やってました。

虫嫌いの友達がソッコーでギブしたので
一人で寂しく見てました。

顕微鏡でダニを見ました。
ちょっと可愛かった。
[PR]
by m_37564 | 2007-08-29 20:26 | 日記

あふれ出す!青春汁!!

結局涼しいのは1日だけでした…。

昨日の東京は曇り空。
午前中はパラパラ雨も降ってたことから、かなりすごしやすい日で
ベランダから吹き込んでくる風に秋を感じては、ホッと癒されていたのに
今朝にはギラギラの太陽が、親の敵のように照り付けていました。

ライジングサンでは、北海道ならではのすごしやすい気候に
「夏フェスとしては、なんか物足りないわ?」
なんて余裕ぶっこいてたけど
「あちーあちー」と言いながらビールを呷ってて楽しいのは、ほんの数日間だけ。

実際には体力削られて、食欲減退して
貧血になったりハラ壊したりするのがオチ。




早く終われ、夏。



あ、そういえば今年は一度も冷やし中華を食べてない!?

冷やし中華食べるまで、もうちょい待って、夏。
…そうねえ…、あと1週間くらいでいいわ。
1週間以内に冷やし中華を食べる!!!

夏なんて、バカンス先でもない限りノーサンキューです。
私は南国生まれなので、夏は嫌いじゃないんですけど
都心部にいる限り、夏は不快でしかありません。

服も化粧もドロドロだし。

そういえば、昔
某ビジュアル系バンド(もう解散しちゃったらしいけど)の追っかけをしてたころ
コスプレしてるコをたくさん見たけど、このクソ暑い中大変そうだったなあ…。

顔をね、白塗りしてるコとかいたんですけど
額から鼻筋にかけての、いわゆる「Tゾーン」だけ汗で化粧が流れちゃって
肌色見えちゃってるんです。

白く塗った顔、目の周りは真っ黒いアイラインでグリグリ囲ってるんだけど
Tゾーンだけ肌色。

うん、それもある意味メイクだよね。

あと、ビニール(?)素材の衣装。
まったく汗を吸わない、拷問のような衣装。
これ着てるコいたけど、透明な素材だったりすると、汗で曇っちゃってました。

ホカ~っと。
ちょっとニオイそうな感じで(ビニールだし)。

ホント、コスプレの敵ですよね、暑さは。
衣装によっては寒さもつらいと思うけど…。

ちなみに私は、年がら年中Tシャツ&ジーパン(モッシュしすぎて毛玉だらけ)でした。
色気ゼロ。機能重視。

だってライブハウスだよ?
もみくちゃにされてぐっしょり汗かいて
真冬に、ライブ終わって外に出たら、自分から湯気たってたからね。

その後、着替えもせず半そでTシャツ1枚でポカリ1ℓ飲み干してたしね。



(我ながら、ホント艶のない青春…。)



だからね、そんな環境下でも
意地と根性でコスプレし続ける人たちを、私はある意味スゲーと思います。

もはや、ライブが目的なのか、コスプレが目的なのか分からないけど。

余談ですが、実は私もやったことあるんですよ、コスプレ。
友達の衣装を借りて、っていうか、着付けられて。




ええ、着ましたよ。




ロリータ服。




チュールがいっぱい入ったスカートをはきました。

もともと、女の子らしい格好が好きなので(すみません)
部屋で着てるときはテンションあがってたんですけど
街に出たら急に恥ずかしくなって
そしたら、外国人観光客や同じようなロリータファッションの方から写真を求められて
居たたまれなくなって、ソッコー脱ぎました。

しかし、「汚すと悪いから」と(言い訳をして)着替えたものの
友人はその格好のままなので、結局気まずさは変わらない。
東京の、原宿とか渋谷ならまだしも
地方都市へ遠征した時だったので、街での注目度は抜群。

しかも、それまでの間、既にプリクラやら他人のカメラやらに納められていたので
他人の手元に、そんなお目汚しが残っているかと思うと激しく鬱になりました。


惜しいことをしたなあ、と今なら思います。
だって、「旅の恥はかき捨て」って言うじゃないですか。
結構良いネタになってたはずなのに…。


メイド喫茶も市民権を得ているこの頃
またちょっとやってみたい気もする…20代のうちに。
[PR]
by m_37564 | 2007-08-24 12:38 | 日記

夏休みの宿題

お盆も明けて、電車はいつもの混雑を取り戻しつつあります。

とは言え、最近では
各自、仕事のスケジュールや部署(チーム)内での調整を行いながら
規定期間内で自由に取るという会社も多く(ウチがそう)
また、学生さんもまだまだ夏休みということから
本来の混雑には及ばないのが実際のところ。

いいなあ…、まだ夏休みなんて…。
否が応にも現実(仕事)に戻らなくてはならない身分が恨めしい。

夏休みをくれるなら、昔あんなに面倒臭がってた宿題も辞さない気分
今なら嬉々としてやる、間違いない。
ドリルとか、読書感想文とか、自由研究とか、どーんと来いって感じ?



おうおう、任せとけって。オネーサンがやったげるって。

ちなみにオネーサンの得意分野は、算数ドリルと漢字書き取り。
もうね、ひたすら無心でやるから。写経のように。

そーだなあ…半日くらいで出来んじゃね?
楽勝っしょ!

それから読書感想文。
あれねー、ねー。面倒なんだよねー。
うんうん、分かるよ。

でもね、まともに最初から書こうとするから難しいの。
「好きな本を読んで、その感想を書く」なんて
先生の言うとおりにやるから大変なんだよ。

オネーサン、小さいころから結構本は読んでて
文章は読むのも描くのもキライじゃなかったんだけど、それでもやっぱ面倒だった。
しかも好きな本だからって上手い感想文書けるわけじゃないし。

だからね、「課題図書」ってヤツを読んで、それで書いたの。

課題図書、つまんねーってバカにしちゃダメだよ。
課題図書っていうのは、大体「推薦文」ってのが付いてるの。
よく「あとがき」をパクる人はいるけど、アレだけじゃダメ。バレバレ。
推薦文も併せて使うの。

「あとがき」は、時代背景の説明とか作者の人となりについて語ってたりして
「使えねー」ってなことがあるけど
推薦文はあらすじとテーマを明確にしているからね。

そもそも課題図書なんだから
「子供にどう読ませたいのか=どんな感想を書いたらウケるのか」が明確なんだよ。

それを上手く取り込めば、文字数を稼ぐのなんて楽勝。
ついでに国語の成績アップも楽勝。

オネーサン、これで何回か賞とってっから(ケケケ)。

あとね、写生も上手いよ。
結構、絵心あるからね(美術部だったし)。
自由研究の課題に困ったら、近所の風景をスケッチすると良いよ。
地元の名所とかね。
ついで由緒とか調べると研究度もアップ。

え?「暑くて外なんか出てらんねーよ」って?
なーに言ってんの、写真撮ってきてそれを写すに決まってんでしょ。
誰が1枚描き終わるまでずっと外にいるのよ、死ぬわよ?

いかに要領よく、集中してやっちゃうかが勝負なんだから。

オネーサンなんてね、「問題集を一冊やって来い」っていう課題があったとき
問題集に書き込まず、それ用にノートを買って、全部そこに解答したの。

何でか分かる?

ノートにやれば、ページとか問題とか飛ばしてもバレないからよ。
つまりね、ズルできんの。
問題集に書き込むやり方だと、やってないのバレバレでしょ?



頭はこうやって使うのよ!


さー!!!遊びにいくぞー!!!







…。

…うん。



今わかった。



こうやってダメな大人への階段を昇ってきたんだな、私は。

小学生時分で
既に真っ黒いハラだった。



根っからのダメ人間でした。
[PR]
by m_37564 | 2007-08-23 19:45 | 日記

ピース!

初参加のエゾロック
腕の日焼けと、土がついたままのスニーカー
2chのスレッドを眺めながら余韻に浸る毎日です。

早い話が、仕事モードに戻れない。

今日は厳しい顔して相手を追及しなくちゃいけないのに。
(こういう仕事は苦手です…。)

フェスが変われば、雰囲気も変わるけど
あのピースフルな空気だけは、どこも一緒だなと思う。

とても幸せ。

あんなに人がたくさんいるのに
驚くほどトラブルが少ないっていうのは
人間の、より良い世界への可能性みたいなものを夢見たくなります。

同じ目的の為に
一人ひとりが自分のあるべき姿、とるべき行動を考え、実行していくこと
ルールで縛るのではなく
議論や話し合い、譲り合いで解決し、「マナー」に昇華させていくこと
相手を厳しく追求するだけじゃなく、温かく見守り育てていこうという姿勢

理想論かもしれないけど、そうやって世界を作っていく可能性
私たちにそれを実践する力って、あるんじゃない?と思いたくなります。
ものすごくポジティブで楽観的な考え方だけど
自分でも「バカだな」と思うけど、でもそんな夢をみたい。

今回は、過ごしやすい北海道の夏の気候に助けられて、歩き回る体力があったので
見たことも聞いたこともないアーティストのステージなんかにも
積極的に足を運んでみたのですが
なんていうか、心が震えて、あちこちで泣きました。

生の音から伝わるメッセージ。

何でこんなに響くのかしら?




明日からまた、少し頑張ってみようかな。




そんなエネルギーを貰えるので
フェスから、音楽から、離れることが出来ません。

音楽が響かなくなったとき
音楽を聴く余裕をなくしたとき
きっと私は、自分を嫌いになる一方なのでしょう。

自分自身が見えなくて、人にも優しくなれなくて
壁はどんどん高く、分厚くなって…、そんな状態になっていく気がします。

今だってそうです。

でも、音楽を媒体にして、色んな人が色んなメッセージを送ってくれて
それが私の壁を壊してくれる。

積みあがって、壊して
でも気づいたら、また分厚くて高い壁が出来ていて、それを壊して…永久にこの繰り返し。
気が遠くなりそうな無限ループだけど、この永久運動に助けられている。




ありがとう。

大げさだけど、たくさんの温かい「ありがとう」を胸に
北海道を後にしたこまこでした。




※ネタもオチもなくて済みません。
  こんなこと言ってますけど、モエレ沼公園の遊具で大はしゃぎし
  子供に混じって滑り台滑走したり、アホ面写真撮ったりしてました。
  ホント、すんません。
  こんな25歳(もうすぐ26歳)で、ホントすんません。

  写真、アップしたいけど
  現実の冷静な空気のなかで見るにはイタ過ぎるので
  思い出として大切に、そして硬く硬く封印いたします。

  友人は「コレ、絶対アンタの結婚式で公開するから!」と脅してますが…
[PR]
by m_37564 | 2007-08-22 12:35 | 日記

曇ってこそいますが

エゾロック二日目。

ピロウズ、バンプ、永ちゃん、ユアソン、バンアパ…
そしてビール。




しあわせ!!!
[PR]
by m_37564 | 2007-08-18 14:06

美容奴隷

一般の約3倍―豊胸手術した女性の自殺率―

でも、何故そうなるのかという分析は出来ていない。

ただ「こういうデータが出ました」っていうだけで
「だからどーした」っていう感じ。
自殺の理由まで調査して欲しかったな、どうせ発表するなら。

「豊胸手術をすると、普通の人の3倍の確率で
 自殺したくなるような人生を歩みまっせ」


そんなふうに言われているようです。
美容整形業界は堪ったもんじゃないですね。

でも、そうでもないのかな?
女性はキレイになることに命がけですから。
そうやってキレイになろうとするとき
等しくあるはずのリスクが、自分のものとして認識できない状態なのかもしれません。

私の友達が、美顔機50万円を契約させられたみたいに。
(後日、私がクーリングオフの手続きをとりました)

個人差はありますが
総じて女性はメスを入れることに抵抗が少ないと思います。

職業柄、その分野の話はちょくちょく耳に入るのですが
女性の美への執着というか、向上心っていうのは際限がなくて
ちょっと狂気じみたものがあるんですよね。

美へ注ぐエネルギーや集中力の多寡は人それぞれですが
やっぱり「キレイになりたい」っていう気持ちは皆あるんです。

ただ、やっぱりそればっかりやってられない。
勉強とか仕事とか家庭とか、果たさなきゃイケない責任があるし
かけられる時間やお金だって制限がある。

だから皆、その中でバランスをとりながら
自分なりにキレイになりたいと思い、努力している。

半ば諦めたかのように見える人だって、実はキレイになりたい。
(失礼。)

キレイにしていること=自分を大切にすること
それは、主体的で前向きな生き方。

キレイになった実感が、目線を上げ、背筋を伸ばす。

とても小さいことだけど
美容院からの帰り道、なぜかデパートの化粧品売り場に行きたくなる
ワンピースを買った次の週末、誰かと約束を入れたくなる
化粧がのった日は、仕事がテキパキ進む
私の場合、こんな感じ。

でも、そんなことばっかりやってられないのも事実。

1ヶ月以上放置したペディキュア。
温暖化による水位上昇で、土地がどんどん海に侵食されている島みたい。
剥がれて擦れて、つめの真ん中くらいしか色が残ってない。

「根元だけ染めてください」「根元ってどこだよ!」
ハサミさばきも鮮やかな職人・美容師。
一方で、笑顔と軽快なトークのプロでもある彼らに突っ込みを入れさせるほど
ボサボサで退色しまくった髪の毛。

「もういい加減、お暇をください」と泣きそうになってるお気に入りの下着。

そんな埃っぽい現実のほうが
圧倒的な存在感をもって優位に立っています。
恥ずかしながら。

でも、ことあるごとにチューニングして
「女」としての自分を立て直す、「外」に出る顔を創る
皆さん、そうなんじゃないかと思います(違ったらごめんなさい)。

問題はそのチューニング具合なんです。

キレイになった実感って、すごいエネルギーを持ってて
自信がつき、「もっとキレイに!」という向上心を育てる反面
「こんなに頑張ったけど、この程度…」と自分を否定していく気持ちも生まれるんですよね。


キレイになったら、何でも叶う
うまくいかないのはキレイじゃないから



そうやって容姿に責任転嫁する気持ち
キレイになればなるほど、自分を否定する考え方を植え付け
不幸に導いていくのかもしれません。

実際、キレイの成功体験が
「もっと…、もっとキレイにするところはないか?!」
と、呼び水になっているんじゃないかと思います。

でもその努力が報われないと
最大限に引き出した魅力でもってもうまくいかないと分かると
(本当は違う魅力や、他に努力するべきポイントがあるのに)
人生に絶望しちゃうのでしょうか。

豊胸してナイスバディ(死語?)になって
「よっしゃー!これからはイケメン選り取り見取りだぜ!!」
「もうペチャパイとは言わせない!ほしのあきが好きな彼もイチコロね!!」
「仕事だけじゃないのよ!女の魅力だってあるんだから!!」
なーんて感じで、人生も恋も好転すると思ったのに
夢に描いたような現実は訪れなくて

「もう…、何やってもダメなのね…」

ってなっちゃうのでしょうか。



ツライ…辛すぎる…。



じゃあ、それから救われるにはどうしたら良いのだろう、と考えました。
どうしたら美容奴隷、美のアリ地獄から抜けられるのか。

で、思いました。
それもやっぱり、成功体験なのかな、と。

好きな人、愛する人に「キレイだね」「可愛いよ」って言われることなのかなと。
認めて欲しい人に認めてもらうことなのかな、と。

何のためにキレイになりたいのか。
誰の為にキレイになりたいのか。
それを見失った「闇雲なキレイさ」は、きっと美しくないんだろうな、と思いました。
痛々しいというか、アンバランスというか。



少しは彼女たちの姿勢を見習えと言われそうな私です。

そんな私が、豊胸手術を受けて(どんな経緯があったかは分からないけど)
その後自殺に追い込まれた彼女たちの心理を語るなど
おこがましいにもほどがありますが
昼休み、パニーニを頬張りながらそんなことを思いました。
(せっかく作った弁当を自宅の冷蔵庫に置き忘れてきた…涙)

私も、もうちょっと女子力を高めないとな。

そして「可愛いね」って言ってくれる彼氏が欲しい。
(言いたいことはそれ?!)
[PR]
by m_37564 | 2007-08-13 20:41 | 日記
今日は午後から2件の来客がありました。


…疲れました…。


いずれも、電話営業で「ぜひ一度ご提案を!!!」と
アポをむしり取っていった、広告代理店の方々。

「すでに他社さんでご協力いただいておりますので…」
「今期分は予算がもう動かせないので…」
とかなんとか言い訳をしまくったのですが

「お名刺交換だけでも!!!!」

なんて言われてしまい

「はあ…そうですか。」

と、根負けして今日の面会となりました。
まあ…私としても、「いろんな情報を聞きだせるかなー」なんて
淡い期待もあったりするので、こういうのはキライじゃないです。
面倒だけど、いろんな人にお会いできるのは楽しいです。


あ、私って結構人好きだったんだな。意外。



ましてや、こんな暑い中、重い資料を持っていらしたんだと思うとね
「まあまあ、ウチでちょっと涼んでいったら如何です?」
なんて、山道のお茶屋のおばあちゃんみたいな気持ちになったり…。



きっとねー、会社とか上司から言われてるんですよ。

「アポとってこーい!」「発注とってこーい!!」って。

肩身狭いっつーか、社内に居づらいっつーか…
だから「仕事させてあげなきゃなー」とか思うんですよね。
(大きなお世話だろうけど)

で、そんな食堂の女将さん
(昼は学生やサラリーマンでいっぱいの人気店、「東京のお母さん」と慕う人あり)
みたいな心持でいたらですね
今日、衝撃の一言が…。

商談も終わって、軽く雑談…という時




営業マン「ところで、こまこさんって僕と同い年くらいですか?」

こまこ  「え、ああ…そうですね、同じくらいですかね?」

営業マン「ですよね。あ、いや…お電話でお話したときの印象では




    ずいぶん年上かと思ったので…」


こまこ  「ははは(乾)。そうなんですかー。」

営業マン「お会いして、同じくらいだったのでびっくりしました。
      僕は27なんですけど」


こまこ  「あ、私はもうすぐ26になります。」






営業マン「あ、やっぱ近いんですね。」

こまこ  「そうですね。」




…。



と…、と…、



年上だと思われてたあーっ!!



どうやら彼は、電話口の私を相当なベテランだと思い込み
「ヤッベーなあ」なんて緊張しながら、今日は来てたらしい。

しかし、受付で待っているところに
「こんにちは~。」
とやってきたのが、どうにも素人くさい私。

「ご案内します。」と言って歩きだした私を
派遣さんの受付かなんかだと思ったのだろう。
相手が荷物を置いたのを見計らって、私が名刺入れを取り出すと
彼はちょっと慌てた感じで名刺を取り出しました。

「え、あなたがこまこ?!」

みたいな。

まあ、受付で名乗らなかった私が悪いんですけど。
スーツも着ないで、OLらしくしてない私が悪いんですけど。
(ちなみに今日は、白いワンピに、7部丈のレギンス、オープントウのパンプスでした)


え、ってか

私の話し方、ヤバイ?老けてる?

声の問題?しゃがれてる??

言葉の問題かしら?



いずれにせよ、ひどく狼狽した私は
席に戻るなり、そこらへんに居た副部長(通称「パパ」)に

「私の声って老けてますかあー?」

と泣きつきましたが、忙しくて相手にしてもらえませんでした。
(迷惑だな…、仕事しろよ、私。)
ことの顛末を聞いたスタッフには
「こまこ、結構落ち着いた話し方だから…」
なんてフォローされましたが、腑に落ちずちょっと凹んでます。

若い声、若いしゃべり方って何だろう…。



ステキ女子への道のりは果てしないです。
[PR]
by m_37564 | 2007-08-10 19:10 | OL生活

夏の涼

鉄腕ダッシュ見てたら、そうめんが食べたくなった。
そう言えば母が置いてったそうめんがあったな。

よし、夕飯決まり。

で、茹でながら思った。






…つゆ、無くね???






考えること1.5秒。
だし汁、しょうゆ等で代用しました。




うん!!!!

食えなくない!




ただし、大して旨くもないです。
でもまあ…、確実に逞しくなってますね。





サバイバー!!!!
[PR]
by m_37564 | 2007-08-05 20:05 | 日記

ぜひ写真を…


麻生外相がチョンマゲでビリー体操

み、見たい…。
[PR]
by m_37564 | 2007-08-02 15:05 | 日記