クリスマスに大掃除、正月にドラクエ。完全無欠のひきこもり★


by m_37564
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:未分類( 22 )

東京は雪ですが…

念願の沖縄支店へ出張が決まりました!!
今週末は初夏の沖縄へひとっ飛び★

※現地スタッフいわく初夏の陽気だとか…
 確か、テレビ会議に移る人たち半袖だったかも…

more
[PR]
by m_37564 | 2009-03-04 00:31

悩めるクリスマス


私が働いているビルでイルミネーションが始まりました。
仕事あがりには、ちょっと嬉しい。
実際、これが一冬も続くと、感動も薄れますが
それでも少しは心が潤うってもんです。

ま、ただ電飾を樹木に巻きつけただけなんですけど・・・。

いやーもうちょっとどーにかなんないの?
すげーやっつけ仕事っぽいんだけど?
ちゃちゃっと垂らしといただけっぽいんだけど?

しかも去年と同じ、青い電飾。
今年のイルミネーションのトレンドは、白らしいんですが
ウチのビルは去年に引き続き、青色発光ダイオード(?)。

隣のビルはキレイなツリーまであると言うのに・・・。
なんだかケチ臭い、志の低いイルミネーションです。
「とりあえずやっとけ!」みたいな。

でも「チームマイナス6%」とかやってるのに
こんなに電気を無駄遣いしても良いんでしょうかね?
水を注すようですけど・・・。

最近じゃ、イルミネーションやるのが当たり前っぽいですからね。

そんな感じでクリスマスです。
もう来たの?!って感じですけど、事実あと1ヶ月です。

昨日、クリスマスパーティーの案内状が届きました。

アパレルブランドのDMと、宅配ピザのチラシに混じってポストに入ってた封筒。
宛名の横には、かわいらしいサンタのスタンプ。

「風流ねえ、誰かしら?」

時節を踏まえた粋な演出に、ちょっと心躍らされるわたし。
こんな細かいことをするなんて、誰からのどんなお便りでしょうか。
期待に胸を膨らませつつひっくり返してみると

封筒の裏には・・・
[PR]
by m_37564 | 2007-11-21 11:59
久々にバトンが回ってきました。

タイトルに名前がのってる人がビックリして受け取るバトン。
孔明さんにビックリさせられました。

説明:
回ってきた五文字を携帯の予測変換で記憶してる変換機能で
1文字ずつ、その変換候補にあがる上位五つを惜し気もなく晒す。
そして、次にまわす人にあらたに5文字を指定。

孔明さんから頂いたお題は「刃物大好き」。

いやもう、なんか不穏な空気がプンプンしてるんですけど。
そして私のショッキングピンクの携帯が
いつになく禍々しいオーラを発してる気がするんですけど。

最後に連絡したのって、誰だっけ?

では行きます!

【は】花屋で、は、初めて、早く、八割
【も】問題、喪、モダン、モン、もっと
【の】の、伸ばさない、飲み会、飲みに、飲み
【だ】大丈夫、談義、出してくれ、妥協、お大事に
【い】良いし、岩○、家を、今から、いくらくらい
【す】スッキリ、好きな、少し、ステキ、素敵
【き】来てもらっても、急に、近所、昨日、来てね

では【は】について。
「花屋で」なんて、いきなり女の子らしいのが来て一安心。
そうそう、ステキ女子は部屋にグリーンを欠かさないんです。
毎朝ハーブに「おはよう♪」って言うのが日課…

…なわけないじゃないですか(誰も騙されないって)。

これは、待ち合わせ場所ですね。


次は【も】。
「喪」「モダン」は一連の単語ですね。
私が今『喪男(モダン)の哲学史』という本を読んでて
それを友達に恥ずかしげもなく嬉々として報告してた時のものだと思います。

世界史や倫理の教科書に載ってた偉大な思想家・哲学者たちが
実は皆「喪男(モテない、モテることを拒否した男)」だったという
強烈な触れ込みの、マニア心を大いにくすぐる一冊。

本屋でふっと目にした私は、両腕で抱えた本の山の一番上にそれを積んで
まっすぐレジに向かったという…。
気がふれたとしか思えない。

でも、面白いです。


続いて【の】。
案の定、アルコール関係ばかりですね。
「伸ばさない」は、何だろう?
「鼻の下を伸ばさない」でしょうか?


さて【だ】です。
「談義」…って、あんまり使わない単語だけどどこで使ってたんですかね?
それに「出してくれ」って何でしょうか?
どこから出たいんでしょうか、わたしは。
まあ、強いて言うなら、なに?アレかな、やっぱ「干物系デススパイラル」とか?

「妥協」っていう言葉も、結構哀しいな…。


じゃあ【い】。
すいません、「岩○」は伏字で。地名です。
「良いし」「家を」「今から」「いくらくらい」
これは殆ど待ち合わせ関係ですね。

その日待ち合わせしてた友人の一人に花を渡すことになってて
「(行きがけに花買ってても)良いし」とか「いくらくらい(の花にする?)」とか
「今から・家を(出ます)」とかそんな会話をしてたんじゃないでしょうか。


お次は【す】。
まあ、無難というか、突っ込みどころがないというか。


ラスト!!【き】。
「来てもらっても」って長いですね。
先週同僚がウチに泊まってったときのかな?
「(そのまんま)来てもらっても(良いよ~)」とかなんとか。
「来てね」もそれ関係っぽいな。



いかがですか。全然面白いのがなくてすみません。
まあ、こんなもんですよ、私の日常なんて。

ということで、期待してますよ!お次の方々!!
ゆらさん! はさみ姉さん!!

お題は「モダニズム」でお願いします。
[PR]
by m_37564 | 2007-09-26 12:53

曇ってこそいますが

エゾロック二日目。

ピロウズ、バンプ、永ちゃん、ユアソン、バンアパ…
そしてビール。




しあわせ!!!
[PR]
by m_37564 | 2007-08-18 14:06

ニューヨーク武者修行に行ってた美容師さんが帰国したので
ご挨拶がてらサロンに行ってきました。

そろそろ髪形を変えたいなーと思ってたタイミングだったし
ここは思い切って、肩下20cmの髪をバッサリいっちゃおうかな♪

おかっぱにしたいと思いつつ、勇気が無くて現状維持を続けていましたが
信頼のおける彼女が帰国したので
身を任せても良いかなと思い、さっそく電話して予約。
メニューはカットとカラー、トリートメントで!!



…なーんて言っていたのに
サロンから出て来た私は




パーマをかけてました(笑)。




意志が弱ぇ…。
おかっぱじゃねーのかよ…。


でも久しぶりのパーマ♪
太めのロットで縦に緩く巻いてもらったのでフワフワしてます♪♪

前髪は切らずに、センターパーツでおでこを見せるようにしたのも
今までにない感じで新鮮!!(自分で言っちゃった/笑)


さらに!

黒ブチメガネをかけて


「アンジェラアキ★」


と言うギャグまで生まれました。
ネタまで出来るとは、使い勝手の良い髪形です。

さすが、ニューヨークで腕を磨いてきただけのことはありますね。


調子にのった私は、小さなリボンのついたカチューシャを2本も買い
ブリブリの女子モード全開、ルンルンで週明けに出社いたしました。



しかし、そこに待ち受けていた言葉は…



「何?火事に遭ったの?」

「実験に失敗した?」



…などなど…

ドリフじゃねーっつぅのっ!!
ヒドイです、乙女ゴコロはズタボロです。

いーですよ、いーですよ。
どーせその程度ですよ、私は。



女子には割と好評を得たのですが、えてして女子の「かわいー」は幅が広く
本音が数パーセント足らずでも、何の抵抗もなく口をついて出てくる言葉なので
あまりまともに受けて良いものではありません(←歪んでます)。

しかも渾身の「アンジェラアキ」が「誰それ?」の一言でフリーズしたし…



あーあ…。
女子の道のりは険しく長いデス。
[PR]
by m_37564 | 2007-02-10 00:17

普通の日でした

来ちゃいました、誕生日。

お誕生日だったんですねー、私。
さっきまで残業してましたけど…。

でも、「キーッ!!」ってなりそうな忙しさの中で
思いがけず会社のオジ様方からお祝いして頂き、ちょっと癒されました。

(唯一、誕生日を知ってた部長が宣伝活動をしたらしい…)

ある人からはチョコを頂きましたが
「これ食べて頑張れ」という意味だそうです。

ええ、頑張ってますとも!

良いサプリメントを頂きました。
糖分補給で機嫌よく仕事しますからね。
(↑サーカスの熊?)

ただ、「え、まだ25だったの?」は余計でしたが…



25かあ…
パブリックイメージでは「オッサン」キャラらしいけど
自分で思ってたよりはずっと子供だなあ…。
何だか生温い自分が情けないというか
いつまでもフワフワしてて不安定で
「これで良いのかなあ」って考えることが尽きなくて
自分としては年齢にそぐわない感がある。
すごく、ある。

無邪気でもないけど
でも、よちよち歩きな感じ。

まあ、社会人としてはまだ3歳だし
転職もして、修業の身であることから
そんな焦りとか不安感があるのかも。

でも、25歳。
ちょっと変わりたい。

ぬるーく、ゆるーく、好きなことをして生きてきたけど
ここはいっちょ、がむしゃらに頑張ってみようかと。
仕事漬けになってみようかと。

長い人生、仕事に没頭して突っ走ってる時期があっても良いと思う。
そして、それって今なんじゃない。

失うものがあるかもしれない。
でもバランス感覚さえチューニングしておけば、被害は少ないだろう。
得るものだってあるはずだ。

そんなことを思いました。


25歳の第一日目。
[PR]
by m_37564 | 2006-10-12 23:10

♪当たり前な 雨の日の風景が 僕に何か伝えてる
 僕が僕をやめること
それが1番いけないことだよ と
 がんじがらめな心の壁が どこかで壊れる音がする
 新しい明日はきっと 僕に優しい顔をするだろう
 冷たい雨のあとで

(cali≠gari『冷たい雨』)


冷た過ぎ…今日の雨は冷た過ぎです…。

横殴りの雨に打たれながら
いつもの倍の時間をかけて駅まで歩きました。


タクシーにすれば良かった…。


でも電話したら
迎えに来るのに15分もかかるって言われて
それじゃあ歩いた方が早いわと断ったら…



大失敗。

タクシーを待った方が早かった。
しかもビチョビチョ。
タイツが濡れて寒いし。
うんざりしてたとこにi-Podから上記の歌が…

くっそー。嫌がらせか?!
(↑入れたのは自分。)

そして、やがて流れて来たのが…



♪立ち止まることは もう止めたんだ

 冬の日 北風に笑われてかじかんだ
 冷たい手が優しかった
 僕がまだ人だった頃

(cali≠gari『冬の日』)



…。
何かもう…何も言えない…。
ヘドホンの音より大きい雨音なのに
こんな歌詞だけ響いてくるなんて、いじけたくなります。

でも負けない。
負けないわ。

では、お稽古に行って参ります。



(ただ今、cali≠gari祭開催中)
[PR]
by m_37564 | 2006-10-06 14:41

二週間ぶりのお茶のお稽古。
お茶会が控えていることもあり、稽古に気合いが入ってます。

しかも、もうすぐ風炉の季節が終わり、お点前が変わるという緊急事態。
(お点前が変わることでパニックになるのは私くらいなものですが…)
今後半年間で忘れないような、確かな記憶を作る為にも
鼻息荒く畳に座っております。

さらに、旅行やらレーシックのオペやらでお休みしてた分のお稽古を
風炉の季節のうちに振り替えて昇華しようと
休日出勤した時の代休を、稽古日に取るという気合いの入れよう。

まさにお茶漬け(←何か変)の一ヶ月。
強化月間でございます。



しかし、取り付かれたようにお茶中心のプライベートを過ごす私に
先生が哀しい眼差しで一言…



「…あなた…、そんなにお茶ばかりなさってて良いの…?」



…えっと、どういう意味でしょう?



「親心としては、ちょっと心配なんだけれど」



…先生?

あの、もしかして



「デートする相手もいないの?」

とおっしゃりたいのですか?
いい歳した娘が、休日に他にすることがないのかと
そういうことですか?



先生。



おっしゃる通りです。


確かにここ最近デートしてません。
てか、2006年09月30日現在、今後の予定もございません。
何とも哀しい週末です。

しかし、だからお茶をしているわけではありません。
お茶に逃げているわけではありません。

お茶が楽しくて仕方ないんです。
どんなに眠くても、どんなに疲れてても、お稽古は休みたくないんです。

先生。
先生のご心配は、切ないくらいゴモットモですが
しばらくは、この空回り気味なこまこにお付き合い下さい。



…しかし、お茶の先生にまで心配されてる私。
来月には「ヴァンサンカン」を迎えるというのに、情けないことこの上なしです。

…親なんてどう思っていることやら…
そういえば、毎年恒例の夫婦旅行で京都に行った際
私に買ってきたお土産は



縁結びのお守り



でした…。
ネタにするにも心が痛い。

「いつも本を読んでいるから」と和紙でできた栞をくれた母親が
とても気まずそうに

「…あ、あとこれ…」

と差し出した袋に入ってたお守りを、私は落としそうになりました。

親不孝な自分が情けなすぎる。
お母さん、そんなに心配してたんだ…

複雑な親心を知って、涙が出そうです。
そして、追い撃ちをかけるように今日、先生の一言。

そういえば、お茶会のご案内を頂いた時も…



先「○月×日だけど、いかが?」
こ「大丈夫です、参ります。」
先「それなら良いんだけど、あなた…
 『ちょっと予定の確認をします』とか、手帳あらためるとかなさいな…」

と、言われたっけ…。
一ヶ月以上先のことであるとは言え
何の予定もない週末を、無防備に曝した私を諭す先生。

ああ…何か、虚しくなってきました。
心が折れそうです。



でも幸い(?)今日はこれから、前の会社の先輩たちとのお食事会。
切ない気持ちを吹き飛ばすように、たらふく旨いものをいただきます。


それでも現実は変わらないでしょうが…
[PR]
by m_37564 | 2006-09-30 18:22

YUKIの「WAVE」が発売されてから、一週間そればかり。
只今、絶賛「YUKI祭」開催中。

昨年の(こまこ的)ベストディスクが「JOY」だったわけですが
(人生のベスト3にも入るかも)
熱は冷める気配も見せず、むしろ上昇傾向。



死ぬまでドキドキしたいわ。

死ぬまでワクワクしたいわ。



大好きな歌は沢山あるし
大好きなアーティストも沢山たくさんいるけど
聴くだけで幸せになれる音楽って、そう無い。

元気をくれるとか、励まされるとか
戦闘態勢になれるとか、思い出が甦るとか
そういうのはいっぱいあるけど
YUKIの音楽はハッピーな気持ちになるんです。

YUKIの歌を携えて
愛を携えて
死ぬまで楽しいこといっぱい
逞しく生きてやるわ。

そんなことを思った秋の夜。



何だか最近、疲れてるんです。
[PR]
by m_37564 | 2006-09-13 21:43

みすてないでぇ~

すみません、すみません。

全然更新してません。
皆様のところにも全然お邪魔できてません。

決算期間近でバタバタ。
夏休みスケジュールでいっぱいいっぱい。
出張の準備でてんてこ舞い。

さらに明日から夏休み(第二弾)で香港に飛びます。



ひいぃ…;



ハンカチ王子よ、私の脂汗も拭ってくれ。



近況は、帰国後に報告します。

「次回予告」…
・こまこお見合い?!~N姉妹の陰謀~
・ハンカチ王子狂想曲~我が家ではアディダス~

※あくまで予定で、投稿を約束するものではございません。
[PR]
by m_37564 | 2006-08-30 12:40